小さな贈りもの
誕生日のプレゼント、季節の贈答品、お礼の品、そして頑張った自分へのご褒美。大切な人、身近な人に贈りたい、実は私も欲しかった・・・そんな品々をご紹介します。





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.12.04  四十九日の法要


12月2日、日曜日、午前11時、素晴らしい晴天の中、亡き父の四十九日の法要が営まれました。

実家から徒歩20分ほどの距離にある、こじんまりとしたまだ新しい本堂を構えたお寺です。 約20年ほど前に、父が墓地だけは準備していたのでした。

とにかく、墓地から眺める田園風景が美しく、とても東京都とは思えない環境です。
この田園風景が父の”ふるさと”を彷彿とさせるらしく、この場所を見て即決したそうです。

まず、ご僧侶が父の叙勲について語られ、法話、読経、お焼香と進行し、法要の直前に墓石が完成したため、墓地墓石の開眼供養と納骨の儀も滞りなく執り行われました。 そして、会食。 

ふくさ ふくさ2


お返しの品と一緒に、父の叙勲記念品として、重要無形文化財保持者「羽田登喜男」の”正絹縮緬ぼかしふくさ”に名入れしたものをお持ち帰り頂きました。

形見分けの品を用意する余裕がなかったため、父の写真と、

もう一つ、父が40年ほど前に書いた”ふるさと”という作文を母と妹が装丁したものをお配りしました。 父の素直な”ふるさと”への思慕が語られたもので、父という人間のルーツのようなものがなんとなくわかる内容のものだったからです。

帰宅後、お位牌を仏壇に安置し、残ってくださった親類と線香を焚いてお参りしました。

こうして、四十九日が終了しました。 長かったような短かったような49日間でしたが、この日、亡き父は最後の裁きを受け、無事成仏できたことと思います。

悲しむよりも、感謝を込めてできるだけの事をしたいという気持ちが、ここまで、私達を支えてくれました。 

忌明け・・・一つの大きな区切りが過ぎました。

スポンサーサイト

No.74 / 未分類 / Comment*2 // PageTop


Comment Post

Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

薄雪草さんへ

こんばんは! 
少子化が進む昨今、お墓を守っていくとか、親族が集まって法事を行うこととかが、だんだん難しくなっていくような気がします。
父の代の人達は、若い頃、苦労した方が多いと思いますが、こうして、親族や親しい方達に見守られ旅立つことができて幸せですよね。
私の場合も、まだ想像もつきません。
2007.12.05(00:19) / URL / piyodivo / [ Edit ]

こんばんは!

ご苦労様でした!

無事に四十九日の法要を終わられよかったですね~
お父様は幸せですね
これだけご家族から想われて…

私がそのときを向かえたらどうなんだろうかと考えてしまいました…
2007.12.04(21:30) / URL / 薄雪草 / [ Edit ]

プロフィール


piyodivo

Author:piyodivo
ブログも、ネットショップも全く初めてのpiyodivoと申します。清水の舞台から飛び降りる気持ちでこのブログを立ち上げました。あたたかく見守って下さいませ!



FC2カウンター




カレンダー(月別)


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




リンク



このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック




お薦め商品

私のお気に入りをご紹介!

エスビー 予約でいっぱいの店のボロネーゼ(×5)

エスビー 予約で…

販売価格¥1,239

商品詳細ページへ
カートページへ


パスタは、私の大好物! 特に定番のボロネーゼの味にはうるさい方です。 こちらは、レトルトでも十分舌を満足させてくれる一品。 時間の無い時でも、本格的なボロネーゼが味わえます。 別袋のパルメザンチーズをかけるとさらに美味しさが増しますヨ!

RSSフィード




ブログ内検索




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。