小さな贈りもの
誕生日のプレゼント、季節の贈答品、お礼の品、そして頑張った自分へのご褒美。大切な人、身近な人に贈りたい、実は私も欲しかった・・・そんな品々をご紹介します。





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.11.08  大琳派展


       大琳派展1

上野の東京国立博物館へは、自宅から歩いて30分程の距離です。
これ程近いのにもかかわらず、今までなかなか訪れる機会がありませんでした。

でも、今、催されている"大琳派展"には、是非行ってみたいと思っておりました。
ちょうどこの週末は、片付けをするため、久々に自宅で過ごすことになっていました。
混雑を避け、敢えて17時、閉館1時間前に博物館に到着。

この"大琳派展"は、尾形光琳の生誕350年を記念して、本阿弥光悦、俵屋宗達、尾形光琳、尾形乾山、酒井抱一、鈴木其一・・・この6人による琳派の至宝の数々を大公開するというイベントでした。

有名な俵屋宗達の"風神雷神図"と尾形光琳、酒井抱一、鈴木其一の3人がそれを模写した襖絵とを見比べることができる趣向や、独特の空間美を持つ花鳥風月図、俵屋宗達の下絵に"寛永の三筆"と言われた本阿弥光悦の和歌が書かれたもの、俵屋宗達の平家納経の見返し絵、光悦、光琳の蒔絵をほどこされた硯箱や茶箱、光悦の茶碗に、乾山の皿などなど・・・実に見ごたえのあるものばかりでした。

一時間ではあまりに短くて、急ぎ足になってしまったのが残念でした。

そして、恒例の記念グッズをお土産に・・・。

大琳派展3

クリアフォルダーは、定番になってきました。 
俵屋宗達の"風神雷神図"と酒井抱一が尾形光琳の風神雷神図屏風の裏に描いた"夏秋草図屏風"です。

大琳派展4 ①  大琳派展5

大琳派展6 ③ 絵葉書も定番です。 ①燕子花や秋草の屏風  

②鶴下絵三十六歌仙和歌巻  ③小袖 白絖地梅樹下草模様

そして、もう一つ、「天然甘酒 雪の華」。 
琳派展らしく、金箔付きです。

大琳派展7

博物館を後にして、心地良い寒さの中(今が私のベストシーズンです。)、上野公園をゆっくり散策。 空には、墨を滲ませたような半月が懸かっていました。 家に帰ったら、"天然甘酒"と金箔で、冷えた体を温めましょう。

日本の宝、琳派の作品に、大満足の一時でした。 特に、俵屋宗達のおおらかさと繊細さを併せ持った天才的な筆致に圧倒されました。 尾形光琳の"燕子花図屏風"と"紅白梅図屏風"が、期間的に見ることができなかったのは残念でした。

とても、語りつくすことができないので、大琳派展のHPをご覧下さい。 意匠をこらしたつくりになっていますよ。 目と耳で楽しませてくれます。 大琳派展のチケットの写真の下をクリックしてみてください。

               大琳派展2 

               大琳派展~継承と変奏

アイコン2人気ブログランキングへの一票はココ!
スポンサーサイト


Comment Post

Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Hiroさんへ

そうでしたね!
Hiroさんも、プライス夫妻のコレクションで、酒井抱一、鈴木其一の作品をご覧になって、日本人の美意識の高さに誇りを感じられた・・・と記載されていらっしゃいました。
ああ、本当に見せてさしあげたくなります。
酒井抱一、鈴木其一の作品も、それは見事で見応えがありました。

時間があれば、今度の土曜日、もう一度行ってみたいと思うくらいです。
2008.11.11(23:09) / URL / piyodivo / [ Edit ]

「大淋派展」私も是非行きたいです!
「The age of imagination」で見たコレクションの中で酒井抱一の四季草花図。三十六歌仙図色紙貼交屏風の前で、結構長い時間見入ってしまいました。他の酒井抱一の作品も見たいと気になっていましたので、他5人の作品が一同に見られるなんて、、、、いいな~。
8月に見た日本美術の感動の数々を思い出しています。
2008.11.11(03:23) / URL / Hiro / [ Edit ]

comichikoさんへ

comichikoさん、時間があれば、是非是非見に行って頂きたいです。(comichikoさんの気持ちを煽るようですが・・・。) 
最終の土日は、混雑するかもしれませんので、平日の方が良いでしょうね。

日本美術に疎い私ですが、琳派の放つ圧倒的な美に酔いしれました。
2008.11.10(21:49) / URL / piyodivo / [ Edit ]

大琳派展はぜひ行ってみたいと思っていました。
piyodivoさんの記事を読ませていただいて
もーもー、落ち着かない気持ちです。
11月16日までですよね。
ウカウカしていたら、あっという間に過ぎちゃいます。
今日明日はフル稼働で働いたら、
明後日くらいには行けるかな~?
2008.11.10(16:58) / URL / comichiko / [ Edit ]

tourienさんへ

こんばんは!

tourienさんは、きっと私より、よほど琳派の芸術に詳しくていらっしゃるのだと思います。
今回の展示会で、琳派の伝承というものを私は初めて知りましたし、俵屋宗達と尾形光琳の関係すらよくわかっておりませんでした。
今回を機に、私も少し勉強できて嬉しく思います。

琳派の作品は、どれも見応え十分でしたが、私も、俵屋宗達の鶴の下絵に、本阿弥光悦が和歌を書いたものが欲しいなぁ・・・頂けるとしたらです。(^^)
2008.11.10(00:21) / URL / piyodivo / [ Edit ]

薄雪草さんへ

こんばんは!

実は、私も、教科書で見たことがあるに毛が生えた程度の知識しかありませんでしたが、いつか本物を見てみたいとずっと思っておりましたので、夢が叶いました。

本当に、琳派の美の虜になってしまいました。
今まで見てきた展示会の中でも、満足度は、私の中で一、二を争う気がします。
2008.11.10(00:09) / URL / piyodivo / [ Edit ]

お羨ましい?

こんばんは!

キャーお羨ましい・・・ですね!
近くだったら、絶対に行きたい展覧会です。
俵屋宗達の風神雷神図がなかったら、尾形光琳の風神雷神図は、ないでしょうし、
色々な面で有名になった、尾形光琳が風神雷神図を描かなかったら、
これほど、俵屋宗達が注目される事はなかったでしょう・・・と言われている間柄です。
因みに、どれか頂けるとしたら、俵屋宗達の方が良いかなぁ(^^)

2008.11.09(22:26) / URL / tourien / [ Edit ]

おはようございます!

絵がとても苦手な私ですが
この大琳派展はみたいですねー
実物を見たら
「美」のとりこになりそうです!

教科書で習って名前は知っている程度の
ど素人ですが
心に訴えるものは何にしても
同じだと思っています^^

2008.11.09(10:52) / URL / 薄雪草 / [ Edit ]

プロフィール


piyodivo

Author:piyodivo
ブログも、ネットショップも全く初めてのpiyodivoと申します。清水の舞台から飛び降りる気持ちでこのブログを立ち上げました。あたたかく見守って下さいませ!



FC2カウンター




カレンダー(月別)


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




リンク



このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック




お薦め商品

私のお気に入りをご紹介!

エスビー 予約でいっぱいの店のボロネーゼ(×5)

エスビー 予約で…

販売価格¥1,239

商品詳細ページへ
カートページへ


パスタは、私の大好物! 特に定番のボロネーゼの味にはうるさい方です。 こちらは、レトルトでも十分舌を満足させてくれる一品。 時間の無い時でも、本格的なボロネーゼが味わえます。 別袋のパルメザンチーズをかけるとさらに美味しさが増しますヨ!

RSSフィード




ブログ内検索




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。