FC2ブログ



小さな贈りもの
誕生日のプレゼント、季節の贈答品、お礼の品、そして頑張った自分へのご褒美。大切な人、身近な人に贈りたい、実は私も欲しかった・・・そんな品々をご紹介します。





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.03.07  和紙の小箱


またか・・・と思わないでください。 三度、ぽち袋です。

ぽち袋を買えるお店として、忘れてはならないのが、日本橋の"はいばら"。

今週、会社を定時で切り上げ、目指す"はいばら"へと向かいました。

期待を裏切らない、和紙小物の品揃えの豊富さ・・・そして、落ち着いて品定めできる雰囲気。

無理しても、足を運んだ甲斐があるというもの。

ぽち袋の種類も豊富で、その前に、鳩居堂や嵩山堂はし本に行っていなければ、もっと買ってしまったかもしれません。

今回、購入したのは、

日本橋はいばらのぽち袋

右の淡いクリーム色の地にシンプルな唐草文様が描かれたぽち袋と、
左上の鈴文と縁に紅が引かれた懐紙です。 この懐紙を折りたたんで、左下のようにぽち袋として使ってもお洒落です。(写真ではわかりにくいですが、折りたたんだ時、縁に引かれた紅がちょうど良いアクセントになります。)

日本橋はいばらの和雑貨

封緘印(陰陽の緘)と印泥。 こちらは、ぽち袋や封書の最後の仕上げ、"〆"用に。
そして、左の桜文様の小箱は、買い集めたぽち袋を始めとする和紙の小物を大切に保管するために購入。

この紫の地にデフォルメされた桜文様の小箱を見るたびに、心豊かな気分になれそうです。

この小箱に、もう一つ収めたのが、先日、"ぽち袋と江戸からかみ"でご紹介した㈱東京松屋で見つけた江戸からかみのミニメッセージカード。

前回訪れた時は、閉店間際だったため、ショールーム見学で終わってしまったので、再度、覗いてみたのです。

東京松屋江戸からかみ1

ぽち袋や熨斗袋、江戸からかみや手漉き和紙の数々の中で、このメッセージカードの光沢と品の良い色合いに一目惚れ。 

ミニ封筒と合わせてレジに向かうと、先日のオーナーの奥様と思われる方が、「少し難有りですけど、よろしかったらお使いくださいます?」と、差し出されたのがこちらの葉書でした。

東京松屋江戸からかみ2 露芝文様と朽木雲文様の江戸からかみの葉書です。
難など、殆ど判別できないくらいで、嬉しい小さな贈りものでした。

和紙の小箱

ぽち袋から始まって、和紙に魅せられつつある私。 実は、もう一箇所、時間を作って行ってみようと心に秘めている場所があります。

実現したら、ご報告致しますね!

人気ブログランキングへの一票はココ!
スポンサーサイト


Comment Post

Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Hiroさんへ

昔から、少し興味があった封緘印。
古くは、中国で、紙の無い時代、文書などは、木札や竹札に書かれ、箱に収めひもでくくり、そのくくりめに粘土をかためて押印するという習慣があったそうです。(封泥)
西洋でも同様に、封蝋が用いられていたのは、映画などでも見かけますよね。
それらが、日本にも伝わり、雅趣に富んだ様々な封印が用いられたようです。
今回、私が購入したのは、「陰陽に緘」というタイプです。
それ以外にも、「手緘」、「竹根に封」、「茶壷に封」「肖形紋様に封」などがありました。
Hiroさんは、手漉き和紙の体験もされたのですね。 私は、和紙の魅力に今頃魅せられています。

2008.03.11(00:50) / URL / piyodivo / [ Edit ]

素敵な和小物が一杯で、目を楽しませていただきました。
特に封緘印はどんな物があるのだろうと、ちょっと気になっています。
一度手漉き和紙の体験をしたことがありますが、和紙は味わい深いですね。
これからの記事も楽しみにしていますね。
2008.03.10(03:18) / URL / Hiro / [ Edit ]

comichikoさんへ

ありがとうございます!
実は、昨日、そのもう一箇所に行って参りました。
近々、ご紹介させて頂きますね!
それから、神楽坂の”Gallery風帰来”ですが、神楽坂の駅を出て右に行くと、直ぐに”清久仁”という新日本料理屋の看板が目に入りますが、その店の手前の路地を右に折れた所にあります。 神楽坂の駅から近すぎて、見落としてしまいそうなので、念のため・・・。
ダンナ様と花祭り・・・楽しいひと時となりますように!!
2008.03.09(14:25) / URL / piyodivo / [ Edit ]

今日も素敵な和小物のご紹介
ありがとうございます。
どれもシンプルで洗練されたデザイン
和模様の文化の豊かさって、素晴らしいですね。
もう一箇所のお店のお話も、楽しみにお待ちしています♪
2008.03.09(13:54) / URL / comichiko / [ Edit ]

tourienさんへ

こんばんは!
仕事に追われる毎日で、何年も都心に住んでいながら、全くその地の利を活用してこなかった私。
今の内に僅かな時間を利用して、名所、名店巡りをしておこうと思い立ったのが最近です。
また、忙殺される前に、少しでも嵐の前の静けさを有意義に過ごしたいと思っています。

tourienさんの好みに合うものがあって、光栄です。
和の文様は、奥が深くて、今、はまりつつあります。
2008.03.08(22:38) / URL / piyodivo / [ Edit ]

こんばんは!

さすが、東京・・・種類も豊富で羨ましいです。
近くには、鳩居堂だけだし・・・その種類も少しですし・・・
選ぶ楽しみはないですね!
文様の名前が色々あって、また言い当てていて面白いですよね・・・!
私も、桜の小箱と唐草のぽち袋が好みかな・・・(^^)
2008.03.08(20:13) / URL / tourien / [ Edit ]

薄雪草さんへ

いつもながら、ご明察、恐れ入ります。
学生時代、西洋かぶれ・・・と親に揶揄されていたのが、ウソのようです。
まだまだ、入門したばかりの和の世界、諸先輩の方々(年齢問わずです。)の知識や趣向を見習いながら、自分なりの世界というか、楽しみ方が見つけられたら・・・と思っています。

今は、既製のものに依存してばかりですが、いつか、和の小物を自分で作ってみたいと思っています。 
2008.03.08(13:00) / URL / piyodivo / [ Edit ]

おはようございます!

桜文の小箱は可愛いですねー

和紙にはまっていますか
手触りがあったかくて良いですよねー
客観的にみてて
こだわりがどんどん深くなっている様子が面白いなあ
これからどうなっていくのか........


次回報告を待っています。

2008.03.08(11:08) / URL / 薄雪草 / [ Edit ]

プロフィール


piyodivo

Author:piyodivo
ブログも、ネットショップも全く初めてのpiyodivoと申します。清水の舞台から飛び降りる気持ちでこのブログを立ち上げました。あたたかく見守って下さいませ!



FC2カウンター




カレンダー(月別)


08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




リンク



このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック




お薦め商品

私のお気に入りをご紹介!

エスビー 予約でいっぱいの店のボロネーゼ(×5)

エスビー 予約で…

販売価格¥1,239

商品詳細ページへ
カートページへ


パスタは、私の大好物! 特に定番のボロネーゼの味にはうるさい方です。 こちらは、レトルトでも十分舌を満足させてくれる一品。 時間の無い時でも、本格的なボロネーゼが味わえます。 別袋のパルメザンチーズをかけるとさらに美味しさが増しますヨ!

RSSフィード




ブログ内検索




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。