FC2ブログ



小さな贈りもの
誕生日のプレゼント、季節の贈答品、お礼の品、そして頑張った自分へのご褒美。大切な人、身近な人に贈りたい、実は私も欲しかった・・・そんな品々をご紹介します。





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.03.05  神楽坂 GALLERY 風帰来


神楽坂 風帰来1

"GALLERY 風帰来" ここは、東西線 神楽坂駅から徒歩1分という好立地にあるレンタルギャラリースペースです。

神楽坂で小さな個展を開きたい・・・という方にはお薦めですが、こちらで展示販売されていた有田焼の陶磁器コレクションは、胸キュンものでした。

私が展示品に見入っていると、コーヒーの良い香りが立ち上りました。 店内奥に、5人掛けのカウンターがあり、若いイケメンのマスター(?)が、フルオートのコーヒーマシンでカフェラテを入れて下さっていたのでした。 「よろしかったら、どうぞ。」と勧められ、お言葉に甘えてカウンターに向かうと、

神楽坂 風帰来4

神楽坂のオシャレなカフェに遜色の無いセッティングのおもてなしが・・・。
右のガラス器は、蜂蜜。 小さな角砂糖入れと角砂糖ばさみ入れは、お揃いの陶器。 古琳庵窯の磁器のミニプレートに、木匙がのせられて・・・。

神楽坂 風帰来5  宝寿窯の山本文雅氏作陶のコーヒーカップ。

神楽坂 風帰来3

カウンターの前には様々なカップが飾られ、まるで、お気に入りのカフェにやって来たと錯覚してしまいそうです。

冷え切っていた体もすっかり温まり、展示されている陶磁器や神楽坂について、マスターとの話も弾み、とても心地良いひと時でした。

その後、ゆっくり、展示販売品を見させて頂くことに・・・

神楽坂 風帰来10

こちらは、珍しい白磁の硯を含む水滴や、筆洗、筆置等の書道具一式。
有田焼の"雪月花"という工房の作品です。 こちらの"風帰来"さんにのみ、作品を出しているそうです。
白磁で、そのまま墨を磨ることができ、洗い流せばもとの白磁に綺麗に戻るというのですから不思議です。 彩墨なら、そのままの色が楽しめるそうです。

一式、欲しくなってしまうけど、書を嗜まない私には贅沢品です。

書道具一式の下は、醤油の小皿。 一部に凹みがあり、醤油のつけ過ぎにならないよう工夫されています。

神楽坂 風帰来11 可愛い香炉です。 右側の香炉に描かれた波しぶきとくじらの尻尾がわかりますか?

神楽坂 風帰来12 有田焼には珍しい陶器の器。 写真ではわかり難いですが、楽しい絵付に遊び心とセンスを感じる作品。 窯元は残念ながら思い出せません。

今回、小さな贈りもの候補として購入したのは、先程、カフェラテを頂いた時に出してくださったミニプート。
実は、こ~んなに絵柄が豊富なんです!

神楽坂 風帰来6


この中から、とりあえず二つを選びました。 

神楽坂 風帰来8 桜と藤。 神楽坂 風帰来9 千鳥に青海波と桜の花弁。

ミニプレートの大きさは、ぽち袋サイズです。

神楽坂 風帰来7


マスターがセットしてくださったように、木匙と合わせても良いし、角砂糖をのせても良いかも・・・。

季節によって、絵柄も変わるそうなので、また気に入った絵柄を見つけたら、少しずつ揃えるという楽しみ方ができるのが嬉しいです。

この他にも、まだまだ、ご紹介したくなる陶磁器がいくつもありましたが、有田焼のすっきりした展示の仕方にも、好感が持てました。

神楽坂に来られたら、是非、お立ち寄りくださいませ。 一見の価値有りです!!

人気ブログランキングへの一票はココ!



スポンサーサイト


Comment Post

Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

comichikoさんへ

会社自体が、2004年に設立されているようですから、まだ新しいGalleryだと思います。
東西線神楽坂駅の1番出口から早稲田方向に徒歩1分ですから、すぐ見つかると思います!
有田焼の書道具一式、桐の箱に収められ素敵でした。
仏画を描かれる方でしたら、きっと喜んで頂けるでしょうね。
神楽坂の芸者さん達も、お求めになるそうですよ!
2008.03.07(23:03) / URL / piyodivo / [ Edit ]

神楽坂にこんな素敵なお店があったんですね!
実家の近くだけど、随分行っていなかったから
気が付かなかったのかなぁ。
それとも昔からあるお店なんでしょうか。
有田焼の綺麗な水滴や、筆洗、筆置等、
仏画を趣味にしている義父に送ったら
喜んでもらえそうです♪
花祭りの楽しみがふえました。
ありがとうございます!
2008.03.07(01:01) / URL / comichiko / [ Edit ]

tourienさんへ

こんばんは!
本当に、この日、有田焼の器を買うことになるとは、思ってもみませんでした。 ミニプレートの絵柄を選ぶ時間の、楽しかったこと・・・。

香炉に波しぶきとくじらの尻尾というのが、珍しいような気がしましたが、歌川国芳の浮世絵、インターネットで見てきましたよ!
「幕末の奇想の絵師」と言われている浮世絵師なんですね。
ホント! 躍動感溢れるくじらと波しぶきの絵、ありますね!
見覚えのある絵もありました。
また一つ、教養が身につきました~♪
2008.03.06(22:47) / URL / piyodivo / [ Edit ]

こんばんは!

気に入ったのがあって、良かったですね(^^)
コー言うのって、今日は、『買うぞー』と思ってもダメなんですよね!
器も出会いが一番・・・です。
香炉の、波しぶきにくじらの尾・・・作者は、きっと歌川国芳の浮世絵を見てるかも・・・!!
似たのがありますよ!

2008.03.06(21:58) / URL / tourien / [ Edit ]

薄雪草さんへ

えーーーーっ!
やっぱりご存知でしたか、"雪月花"さん。
昨日、有田と大川内山に行ってらしたのですか?
今度は、私が、薄雪草さんいいなぁー

この日、本当は、湯島天神の梅を見に行く予定だったのですが、あまりに寒くて、梅はちょっと早いかも・・・と電車の中で、急遽、神楽坂行きに変更したのでした。
ですから下調べどころか、街の地図も全く頭に入っておらず、最後に、"風帰来"に寄らせて頂いたのは、本当に嬉しい偶然でした!

昔、美容院で、隣に座った方が、美容師さんに、「何でも、やりたいと思うこと、欲しいと思うことは、いつまでも、強く思い続けることが大切なんですよ。 部屋をいつか花で一杯にしたい・・・と思っている方が、ある日、気がつくと部屋中、花で一杯になっていたんですって。」・・・と話していたことを思い出します。

最近になって、和の小物に魅せられた私も、知らず知らずの内に、見えないアンテナを張っているのかもしれません。 表参道の"粋更"も、東上野の"東京松屋"(江戸からかみ)も、不思議なめぐり合わせだったのですから。
2008.03.06(21:47) / URL / piyodivo / [ Edit ]

おーーーーっ!

雪月花さんはしっていますよー
書の道具等を中心に作陶されている工房です。

昨日、有田と大川内山に行ったばかりです!
14代今右衛門さんと畑萬の畑石さんと話してきました。

神楽坂に有田焼が見られるのですねー
びっくりデス
それも有田焼きのものばかりで.......
絵付けの部分と白磁の空間美は綺麗でしょう!

ぽち袋サイズのプレート
良いですねー!
これを贈られたら
喜ばれること間違いなし!
よく探されますよねー
ここは下調べして? 偶然?
2008.03.06(12:39) / URL / 薄雪草 / [ Edit ]

プロフィール


piyodivo

Author:piyodivo
ブログも、ネットショップも全く初めてのpiyodivoと申します。清水の舞台から飛び降りる気持ちでこのブログを立ち上げました。あたたかく見守って下さいませ!



FC2カウンター




カレンダー(月別)


08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




リンク



このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック




お薦め商品

私のお気に入りをご紹介!

エスビー 予約でいっぱいの店のボロネーゼ(×5)

エスビー 予約で…

販売価格¥1,239

商品詳細ページへ
カートページへ


パスタは、私の大好物! 特に定番のボロネーゼの味にはうるさい方です。 こちらは、レトルトでも十分舌を満足させてくれる一品。 時間の無い時でも、本格的なボロネーゼが味わえます。 別袋のパルメザンチーズをかけるとさらに美味しさが増しますヨ!

RSSフィード




ブログ内検索




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。