小さな贈りもの
誕生日のプレゼント、季節の贈答品、お礼の品、そして頑張った自分へのご褒美。大切な人、身近な人に贈りたい、実は私も欲しかった・・・そんな品々をご紹介します。





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.01.10  久保田一竹と川崎景太展


久保田一竹と川崎景太展

年末に、昔の職場の先輩、E子さんとそのお姉様のA子さんにお会いした時、年末年始にかけて銀座松屋で開催される"久保田一竹と川崎景太展"のご招待券を沢山頂きました。

久保田一竹といえば、あの幻と謳われた桃山時代の"辻が花"という染物を新たな技法で現代に蘇らせた、日本が世界に誇るアーティスト。 そして、アーティスティックな空間表現によって、現代フラワーデザイン界を牽引する川崎景太。

A子さんは、川崎景太主宰のマミフラワーデザインスクールの生徒さんでいらっしゃるのです。

E子さんとA子さんのご好意で、思いがけず、新年早々煌びやかな花の競演を鑑賞することができました。

会場で販売されていた絵葉書の種類が少なくて残念でしたが、今回の展示作品の一部を絵葉書でご紹介致します。

  久保田一竹と川崎景太展3 ①

① 久保田一竹、一代目、二代目と引き継がれる、四季と宇宙を表現する"光響"80連作 ( まだ未完で、45連作までが完成しているそうです。) から、"冬"の連作、4点。 晩冬から早春までを表現したもの。 絵葉書ですが、4枚の着物で一服の屏風絵のようです。

久保田一竹と川崎景太展2② ② "富士山"の連作から、2点。 

久保田一竹と川崎景太展4③ ③ "善朱華紋"と題された着物の一部。 この着物が展示された空間一面に5万本の枯れススキが敷き詰められ、正に幽玄の世界でした。

久保田一竹と川崎景太展1④ ④ チケットやポスターにも使われた"重ね日輪"。 その着物の豪華さはもちろんのこと、バックに合わせた着物の色彩と寸分違わぬ生花を重ねて作られた日輪のフラワーアートの見事な競演に、時を忘れて見入ってしまいました。 (こちらは、クリアフォルダーです。)

他にも、"清姫"、"炎"と"渦"など印象的な作品と空間美がありました。

また、"ルナリア"という植物の銀白色の莢(さや)で作られた着物の形のスクリーンに、美しい自然の移り変わりを映し出すという趣向も、一竹の数々の作品の発想が、どのように生まれたのかを体感させてくれるようでした。

久保田一竹の"辻が花"には以前から魅せられてきた私ですが、久々に本物を目の前にして、その手の込んだ技法と色彩の妙に、ただただため息ばかりです。

今回の展示会は期間が短くて、1月12日(月)までというのが惜しまれます。
河口湖にある久保田一竹美術館に、また行ってみたくなりました。

一枚のチケットから、"絢爛たる世界"の贈りものを頂いたような気がしました。
E子さんとA子さんに感謝を込めて・・・。

アイコン3人気ブログランキングへの一票はココ!


2009.01.04  新年、あけましておめでとうございます。


お年玉2

あけましておめでとうございます!

皆様、清々しいお正月をお迎えのことと存じます。
何かと逆風ばかりが吹き荒れるこの頃ではありますが、順風も吹くことがありましょう、希望を持って過ごしてまいりたいと思います。

今年初めての”小さな贈りもの”は、こちらのお年玉袋。

甥っ子達へ贈ったものです。 (もっとも、甥っ子達にとっては、袋より中身なのでしょうけれど・・・。)

今年の干支、丑をモチーフにした和モダンなタイプを選びました。

私のブログも、正に牛歩ではありますが、一歩一歩踏みしめるよう続けていきたいと思います。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

アイコン3人気ブログランキングへの一票はココ!



2008.12.24  師走


”師匠も走る”という12月。 昔の人はよく言い当てたものだと感心しますが、私の近況も例外ではありません。

暫く、間が空いてしまいましたが、皆様、お久しぶりです。

クリスマスや季節のご挨拶など、”小さな贈りもの”には、話題に事欠かないはずの12月ですが、年内に済ませなくてはならないことが目白押しという悲しい月でもあります。

なかなか自宅でパソコンに向う時間を作ることができませんでした。

でも、今日は、クリスマス・イヴ。 手短に、”小さな贈りもの”をご紹介致します。

職場のSさんから、可愛いカードと一緒に頂いた贈りものです。

小さなクリスマスの贈りもの1
シナモンコーヒー、カプチーノ、メープルティー、玉露のティーバック、そしてチョコレートが入ったお楽しみ袋です。

気取らない、でも、頂くと重宝で嬉しいものばかり。

お礼に、私も、お楽しみ袋と母が作ったお惣菜2品を差し上げました。

小さなクリスマスの贈りもの2 この袋は、昨年クリスマスプレゼントに頂いたハンドタオルが入っていた袋です。 可愛らしくて、しっかりできているので、いつか役に立つと思い、大切に保管しておいたものです。

これに、クリスマス・クッキーとマシュマロ入りココアを詰めました。

小さなクリスマスの贈りもの3

そして、これだけは、私の手作り。 久々にトライした消しゴムはんこのクリスマスカードを添えました。

小さなクリスマスの贈りもの4

不況が連呼される昨今、なるべくお金をかけずに、真心を贈る姿勢で、”小さな贈りもの”に取り組みたいと思っています。

 †XmasOrns†ロゴ#02(*゜▽゜)ノ†XmasOrns†ロゴ#03(*゜▽゜)ノ†XmasOrns†ロゴ#04(*゜▽゜)ノ†XmasOrns†ロゴ#05(*゜▽゜)ノ†XmasOrns†ロゴ#06(*゜▽゜)ノ†XmasOrns†ロゴ#07(*゜▽゜)ノ†XmasOrns†ロゴ#08(*゜▽゜)ノ†XmasOrns†ロゴ#09/雪の結晶04-01(*゜▽゜)ノ アイコン3人気ブログランキングへの一票はココ!



2008.12.02  無人野菜売り場


無人の野菜売り場2

実家の目の前に設置されている、無人の野菜売り場です。

地元の農家の方が、取れたての野菜や果物を産地直送ならぬ、産地直売されているのです。

価格は、全て100円、もしくは200円。 代金は、右端にある赤い金庫に、貯金箱のように投入するようになっています。

新鮮で、安全な作物が良心的な価格で提供され、利用者の良心に任せて無人で販売される・・・今時貴重な信頼関係の上に、無人野菜売り場は成り立っています。

こんな有り難い野菜売り場が、家の目の前に設置されているという幸せに感謝して、我が家では、ちょくちょく利用させて頂いています。

朝早く、畑で採れた野菜や果物を軽トラックで運んでこられる農家のおじさんと、母は、親しく挨拶を交わす仲です。

母が、そのおじさんから聞いたところ、こんな安価な価格で売っているにもかかわらず、赤い金庫の中には、10円玉や1円玉が数個入っていることがあるそうです。

他人の心の貧しさが残念だね・・・とこぼされていたそうです。

母に頼まれて、写真の鳴門金時(200円)とリンゴ(100円)を買いに、100円玉3個にぎりしめ、無人売り場へ向いました。

ふと気がつくと、赤い金庫の奥に鏡が設置されています。(写真の左上の部分)

言葉や貼り紙で諌めるのではなく、自分のしていることに恥じる部分は無いですか?と暗に問いかけ、信頼関係を取り戻そうとする、おじさんの苦肉の策だったのかもしれません。

信頼には、誠実に応えたいものだと、改めて思いました。


無人の野菜売り場3

こちらは、亡父のお墓参りの時に、通りかかるanother無人野菜売り場です。

お墓参りの後、右下手前にある、200円の大きな白菜を買って、母と、ロールキャベツをたくさん作り、4軒のご近所に配りました。

また、前述の鳴門金時とリンゴで、母がリンゴきんとんを作りました。 くちなしの実で色付けし、氷砂糖とみりんで煮たきんとんは優しい甘さでした。 
こちらも、ご近所、そして、会社の同僚にもおすそ分けし、自分達も箸休めにいただき、最後に残ったのがこちらです。

              リンゴきんとん 

地元の農家の方からの”贈りもの”、無駄なく、美味しく頂戴しました。

アイコン3人気ブログランキングへの一票はココ!




2008.11.26  イル・ディーヴォ プロミス


                イル・ディーヴォ プロミス1


こんなことってあるのでしょうか?


今日、仕事を早く終えることができ、久々に銀座・山野楽器に立ち寄りました。

確か、今日あたり、イル・ディーヴォの4thアルバム「プロミス」がリリースされるはずだったと思い出したのです。

イル・ディーヴォ プロミス2


予想通り、店頭にイル・ディーヴォの新作がズラッと並んでおりました。 バックにアルバムの曲が流れ、久々に耳にした彼らの歌声に聞き惚れてしまいました。

こんなこと・・・と言うのは、そのことではありません。

私が、早速購入しようとその前に立つと、一人のご婦人が、一足先に”初回限定盤”のCD&DVDを購入していました。 この一足が、運命の分かれ道だったのです。

大きなサングラスをかけ、日本語と英語が入り混じったルー語のような言葉で、店員の方の対応にクレームをまくし立てていたそのご婦人(店員の方の対応には、全く問題は無かったと思いますが。)、ようやくなだめられ、”初回限定盤”購入者に素敵なクリスマスプレゼントが当たる、くじ引きのガラガラを回すよう案内され、ブツブツ言いながら取っ手を回しました。

すると、ポトッと落ちたのは、何と! ゴールドに輝く玉ではありませんかキラキラ(オレンジ)

店員さん達が、「ゴールド?! すごい、クリスマスにバラの花束とイル・ディーヴォ直筆のクリスマスカードが贈られますよ!」と叫んでいます。

とたんに、そのご婦人の感激の嬌声が上がりました。

涙    涙    涙    涙    涙    涙    涙    涙 

当然、その直後に、ガラガラを回した私は、赤玉のハズレくじ。(トホホ・・・。)

「残念でしたね。 こちらの特製ポストカードをどうぞ。」と、申し訳なさそうな店員さんの顔が、まだ目に焼きついています。

たった数十秒の差で、彼らの直筆のクリスマスカードを逃した・・・というよりも、何となく傍迷惑なそのご婦人の強運に打ちのめされた感じです。

でも、先着○名様にプレゼントされるポスターと卓上カレンダーを頂き、気を取り直して、山野楽器を後にしました。

家に着き、早速、CD&DVDを堪能しながら、カレンダーとポスターとポストカードの写真を撮りました。 今日のこの無念な胸の内をブログに綴らずにはいられなかったのです。

イル・ディーヴォ プロミス3  五線に音符(*゚▽゚)四分x3-赤緑青  イル・ディーヴォ プロミス4

イル・ディーヴォ プロミス5

彼らのニューアルバム「プロミス」ですか? 勿論、そのスケールの大きさ、ボーカルの美しさに磨きがかかり、魅力的な曲がたくさん収録されていました。 クラシックやオペラが好きな方へのクリスマスの贈りものにお薦めです!

そして、なんと、12月1日にプロモーションのため、来日決定とのことハート

彼らから目が離せません!


アイコン2人気ブログランキングへの一票はココ!


2008.11.22  天然石とビーズのネックレス


ビーズ、天然石のネックレス1

今週の月曜日、同じフロアーにあるグループ会社で働いているKさんから、思いがけず、こんな素敵な贈りものを頂いてしまいました。

深いグリーンの天然石とモスピンクのビーズを含む小さな天然石のネックレス。

美しくラッピングされたこの贈りものを頂いた時は、ワクワクしてしまいました。

しかも、これは、Kさんの手作りだというのですから、喜びも倍増です。

このネックレスを見た瞬間、この秋購入したスカートとプルオーバーにピッタリだと気がつきました。

ビーズ、天然石のネックレス

翌日、感謝を込めて、その服に頂いたネックレスを合わせて、出社しました。

そして、もう一人の同僚、Sさんに贈られたのは、こちらのロングタイプのネックレス。

ビーズ、天然石のネックレス4  ビーズ、天然石のネックレス5

グリーンとこげ茶に、柿色の天然石がアクセントになったペンダントです。

ちょうど、当日、柿色のパンツをはいていたSさんは、早速このネックレスを身に付けていました。(偶然ですが・・・。)

Kさん手作りのアクセサリーに、二人とも大感激でした。

Kさんは、趣味で、ビーズのアクセサリーを作っていらっしゃるそうで、ご自分で付けているアクセサリーも、ほとんど自作なのだそうです。(オシャレなアクセサリーを沢山持っていらっしゃるなぁと思っていたのですが、手作りとは気がつきませんでした。)

いつも羨ましいと思うのですが、自分で作ったものを差し上げて、喜ばれる・・・贈り手として、これ以上の幸せはないのではないでしょうか?

Kさんがせっせと作ってくださったネックレス、大切に致しますね。 ありがとうございますローズ2 

アイコン2人気ブログランキングへの一票はココ!


2008.11.18  小沱茶(ショウダチャ)


小沱茶2

11~12cm四方のスマートなパッケージ。 

こちらは、”小沱茶(ショウダチャ)”と呼ばれる、茶葉を一回分毎にお椀型に固められた緊圧茶のパッケージです。

右の緑色の”小青沱”が、緑茶沱茶(不発酵茶)、そして左のオレンジ色の”小花沱”が、黒茶沱茶(発酵茶いわゆるプーアール茶) です。

小沱茶3

小沱茶4 小沱茶4  包みを開けたところ

”小沱茶(ショウダチャ)”は、中国雲南省の名産。 それをマレーシアで、日本人の嗜好に合うよう、不純物を取り除き、美しいパッケージに収めて、販売されているものだそうです。

一個に熱湯を注ぎ、ゆっくり茶葉をほぐし、いただくと、それ程クセもなく、スッキリと飲み易い美味しさでした。

このお茶をくださったのは、現在の職場の同僚Sさん。 外国人に日本語を教える先生です。

彼女は、私より4~5才年下ですが、非常に気配りの行き届く、優しい方です。

彼女も、相手に負担をかけない”小さな贈りもの”の名人。 気がつけば、お互いにちょこちょこと、”ほんのお気持ち”・・・といったやりとりが始まっていたのでした。

時には、果物1個だったり、美術展で買い求めたクリアフォルダー1枚だったり・・・。

小さな贈りものが、職場の大きな潤滑油になっているのは事実です。

この小沱茶(ショウダチャ)は、彼女のマレーシア系中国人の友人から沢山頂いたものだそうです。

雲南沱茶の成分の中には、新陳代謝を促し、体内のコレステロールをコントロールするという効果があるそうです。 甘いものを頂く機会の多い私達にとって、メタボ解消のための力強い味方であることは間違いありません。 

サイズも、デザインも、中身も、”小さな贈りもの”にピッタリだなぁと思いました。 Sさん、ありがとうキラリラ

アイコン2人気ブログランキングへの一票はココ!


2008.11.17  四半世紀ぶりの便り


             アンリ・シャルパンティエ1

先週末、実家に帰ると、パリのエスプリを感じさせるこんな"贈りもの"が届いていました。
アンリ・シャルパンティエの"プティ・タ・プティ"・・・まるでパリの石畳のようなクッキーと焼き菓子です。

アンリ・シャルパンティエ2

小さいけれど、一つ一つがそれぞれの個性を主張しているような味わい深いクッキーでした。

アンリ・シャルパンティエ3

手前にある"エッフェル塔"の形をしたピックも、可愛らしいです。(ぎっしり詰められたクッキーを一つ一つ取り出す時に使います。)

手紙    手紙    手紙    手紙    手紙    手紙    手紙    手紙 

そして、このお菓子に添えられていたのが、私より二年程先輩のYちゃん(Yさんとお呼びすべきかもしれませんが・・・。)からの懐かしい便りでした。 実家が近所で、小学校の時はYちゃんに引率されて通学したものです。

冒頭に、「最後にお会いしてから、もう四半世紀?? お互い、想像がつかないくらい変わっていますよね?」・・・と書かれていました。 えーっ! もうそんなにお会いしていなかったのだ・・・と時の移ろいの速さに改めて驚いてしまった私。

そして、ご実家を離れていらっしゃるので、母や近所の人達のご両親への心遣いに対する丁寧な謝礼がしたためられていました。

Yちゃんは、現在、埼玉の大宮にお住まいで、高校の情報処理の非常勤講師をされており、休みの日はもっぱら美術館めぐりや建物探訪に費やされているとか・・・。

電車で上野まで約30分、渋谷まで40分という距離なので、東京国立博物館とサントリー美術館の年会員にもなっているとのことでした。

思いがけない手紙と贈りものに、直ぐに声が聞きたくなってしまい、早速お電話を入れました。

すると、あの頃と少しも変わらないおっとりとしたYちゃんの声が・・・。 四半世紀の空白が吹き飛んでしまいました。 ひとしきり語り合い、旧交を温め合いました。

昨夜自宅に戻った後、今度は、メールでお礼とメルアドをご連絡しました。

そして、ちょうど今、また、Yちゃんからのメールが届いたところです。

「今度、美術館巡りでもしながら会いましょうネ!・・・」

楽しみがまた一つ増えましたハート

アイコン2人気ブログランキングへの一票はココ!



プロフィール


piyodivo

Author:piyodivo
ブログも、ネットショップも全く初めてのpiyodivoと申します。清水の舞台から飛び降りる気持ちでこのブログを立ち上げました。あたたかく見守って下さいませ!



FC2カウンター




カレンダー(月別)


04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




リンク



このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック




お薦め商品

私のお気に入りをご紹介!

エスビー 予約でいっぱいの店のボロネーゼ(×5)

エスビー 予約で…

販売価格¥1,239

商品詳細ページへ
カートページへ


パスタは、私の大好物! 特に定番のボロネーゼの味にはうるさい方です。 こちらは、レトルトでも十分舌を満足させてくれる一品。 時間の無い時でも、本格的なボロネーゼが味わえます。 別袋のパルメザンチーズをかけるとさらに美味しさが増しますヨ!

RSSフィード




ブログ内検索




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。